ナニがデンジャラス

ニュース情報を更新!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【都知事選】 小泉純一郎元首相 「いきなり原発ゼロはできないというけれど、いま1基も動いていないじゃないですか!」

20140131002718000000.jpg

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/30(木) 22:56:12.44 ID:???0

1月23日の東京都知事選の告示日、新宿、渋谷で細川護熙、小泉純一郎の両元首相がマイクを握ると、 街頭演説には黒山の人だかり。熱の籠もった小泉節は健在だった。

「震災による原発事故でいてもたってもいられなくなった。日本人はピンチをいつもチャンスに変えてきたし、 今回も日本を変えるチャンスだ。それなのに、なぜ、変えないんだ。やればできることを、なぜやらないのか!

私もかつては専門家のいうことを信じた。『原発は安全でクリーンで安いエネルギーだ』と。 元総理として不明を恥じる。原発は安全ではない。コストだって安くない。いきなり原発ゼロはできないというけれど、 いま1基も動いていないじゃないですか!」

演説が佳境に入ってくると、後ろで聞いていた細川氏は、感極まったのか、思わずハンカチで涙を拭った。

その頃、首相官邸では、スイス訪問中の安倍晋三首相の留守番をしている菅義偉・官房長官が険しい表情を隠さなかった。 「なんだ。結局、出てきたのか」──。

自民党が独自に18、19日に行なった都知事選世論調査では、「舛添氏41ポイント、細川氏16ポイント、 宇都宮氏15ポイント」と舛添氏が他の2人にトリプルスコアをつけて突き放していた。菅氏も告示2日前まで、記者団とのオフ懇で、こう上機嫌だったのだ。

「最初からいってるでしょ。脱原発は都民のニーズと違うよね。やっぱり関心が高いのは福祉と五輪だ。 小泉さんと2人揃って会見してから、細川さんの支持率下がっているんでしょ。都知事選はそんなに甘くないんだよね」

なのに、なぜ告示日には打って変わって、表情を曇らせていたのか。実は、官邸はギリギリまで、細川氏に立候補を断念させるべく工作を続けていて、
実際に出馬を見送るという見方も多かったのだ。自民党都連幹部が語る。

「殿様はうちの調査結果を知って動揺し、公約発表をズルズル引き延ばして出馬辞退に大きく傾いていた。 財界やメディア界の大物たちも、『大敗すれば細川家の名前に傷がつく』と名誉ある撤退を進言していたし、細川側近でさえ別の候補を探していた。
http://www.news-postseven.com/archives/20140130_238549.html



22: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 23:01:22.11 ID:gEur5+p60

>>1
年に4兆円の追加燃料費をかければ、という前提条件をちゃんと言えよ、どあほ


2: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/30(木) 22:56:20.27 ID:???0

そうなったら舛添候補の“不戦勝”だった。ところが、あきらめの早いはずの殿様が、今回はなぜか出馬に踏み切った」
土壇場で細川氏の背中を押したのは何だったのか。それが、小泉氏の存在だった。

本誌前号(1月31日号)でスッパ抜いたように、1月14日の細川氏との会談で「赤穂浪士の誓い」を交わしていた小泉氏は、
迷いが見えた細川氏に、「電話で“討ち入り決行”を迫った」(細川周辺)のだという。

こうなると、官邸・自民党も「小泉―細川」潰しに本気になるしかなくなった。
政権の意を汲む大メディアが脱原発連合に浴びせるバッシングの集中砲火も激しさを増している。

批判のパターンは各紙特徴がある。日経や産経が展開しているのが、「反原発は国政でやれ」という主張だ。

〈細川氏は首相経験者だ。「原発政策は国の存亡にかかわる」と思うなら、国政に復帰して仲間を募り、
自らの主張の実現に取り組むのが筋だ。細川氏とタッグを組む意向を表明した小泉純一郎元首相も同じではないか〉(日経1月15日付)

一見、正論に聞こえるが、安倍政権が原発再稼働の手続きを着々と進める一方で、
国政選挙は2年後の参院選まで予定されていない。両紙の主張は、何人も次の国政選挙まで国政にノーはいわず、
再稼働を指をくわえて見ておけばいいと、政治行動を封じ込めるに等しい。

毎日はワンフレーズ政治と呼ばれる小泉氏の手法を〈今回も通用するとは限らない〉と批判。

読売は、ジャーナリスト・池上彰氏の著書の中で細川氏が、「オリンピックで金メダルをたくさん取るよりも、
いまこの時代に原発をどうするかということのほうが、日本の将来にとってよほど重要な話のはずだ」と発言し、
「五輪返上」に言及していることを、「五輪返上となれば国際的信用を失う」と執拗に批判している。

しかし、実際に知事選公約で“五輪返上”を掲げたわけではない。

「読売は東京五輪の招致スポンサーで、社内にオリンピック・パラリンピック事務局を設置して準備に余念がない。
その五輪を『原発をどうするかの方が重要』と否定されたことに反感を持っている」(他紙の編集幹部)


3: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 22:56:42.16 ID:o0ZvkITq0

電気代上がってるんだろ?


4: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 22:57:09.69 ID:UOKf793R0

ああ、動いてないよ。貿易赤字垂れ流してな。国富流出ってことですよ


5: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 22:57:46.28 ID:swz8FPPv0

貿易赤字は大丈夫なの?


6: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 22:58:00.96 ID:nazm9Kee0

4兆円はポイーで


10: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 22:58:46.90 ID:LGGI7LQI0

「原発ゼロ社会」は選択の問題ではない。不可避の現実である
9・11学術会議報告書の衝撃
ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20121011/237928/

学術会議報告書の持つ「深刻な意味」

では、なぜ、田坂さんは、その「最も致命的なアキレス腱」が「切れてしまった」と言われるのですか?

田坂:日本で最高の学問的権威が、「日本で地層処分を実施することは不適切だ」と提言したからです。
すなわち、去る9月11日に、日本学術会議が内閣府原子力委員会に対して「高レベル放射性廃棄物の
処分について」という報告書を正式に提出し、「高レベル放射性廃棄物や使用済み核燃料については、
現時点で、十万年の安全性を保証する最終処分(地層処分)を行うことは適切ではなく、数十年から
数百年の期間、暫定保管をすべきである」との提言をしたからです。

すなわち、学術会議は、「十万年の安全性が保証できないかぎり、日本で地層処分をするべきではない」と
提言したわけですね?

田坂:そうです。日本でも最高の学問的権威を持つ組織が、正式にこの提言を表明したことの意味は、
想像を絶する重さで、これからの原子力行政と原子力産業にのしかかってくるでしょう。

 それにもかかわらず、残念ながら、政府も、財界も、メディアも、この学術会議の提言が意味するものの
大きさと深刻さを、まだ理解していないようです。


11: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 22:58:48.89 ID:hkhTfxrS0

一時しのぎで無理して出来てるのと長期的に安定して出来てる事の区別すらつかなくなったか


13: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 22:59:43.72 ID:BX+iifyr0

小泉のこの手法は郵政民営化限定で通用しただけだったのだな
死ぬ前に晩節を汚したな


14: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 23:00:01.19 ID:wwGCZV+b0

円安なのに貿易赤字が膨らんでるんだが?w


15: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 23:00:01.35 ID:E4Xl6AfN0

せやな 細川に入れる


17: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 23:00:10.47 ID:OzICzToA0

まあとりあえず無駄な照明を消すことから始めようか
きっと他県の人間も喜ぶと思うしいいんじゃないかな


19: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 23:00:51.38 ID:iPu+U4zz0

小泉純一郎
ケンカにはめっぽう強いが、経済はド音痴
今回は完全に悪人


21: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 23:01:04.98 ID:EBOj3Jy/0

巨額の貿易赤字を垂れ流しながらだからね。
ありえん。


25: 名無しさん@13周年 2014/01/30(木) 23:02:29.38 ID:6zBPoorC0

日本をぶっ壊す! <(たぶん小泉・細川さんの本音)


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

累計来場者数
プロフィール

foosan

Author:foosan
相互リンクRSS募集中!

まくら
ふわとろ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。